Nagoya City University

Tsujimura Lab.

  • 学部4年生が色彩検定1級に合格しました 2021/02/16
  • ホームページをリニューアルしました 2020/05/02

Loewenfeld記念講演
2017年9月6日から9月9日までスイス連邦モルジュで開催された第32回国際瞳孔学会IPC: International Pupil Colloquium)で「Loewenfeld記念講演」をおこないました。
Loewenfeld記念講演は、瞳孔研究の権威であったIrene Loewenfeld博士を記念し、2年に1度瞳孔研究において極めてすぐれた功績のある者1名に指名されます。過去の指名者9名はすべて欧米人で、東洋人の受賞は今回が初めてです。
近年発見された網膜の神経節細胞、メラノプシン細胞は瞳孔反応に大きく寄与していることが知られています。この細胞は近年注目されているブルーライトやサーカディアンリズムにも密接に関連しており注目を集めています。