2012名古屋市立大学芸術工学部 映像研究室作品出演者募集


A 20代女性役(二人くらい)
B 子役 女の子 小学校4-5年生くらい
C 30-40代男性
D 中学-高校1年くらいの女性
E エキストラまたはちょっとした役
謝礼 薄謝程度を基準に応相談です。
協力を希望していただける方は全身と半身の写真に応募の動機や自己PR,略歴などを書いていただいて下記アドレスにメールにてご応募お願いいたします。
作品の劇場公開、ネットによる公開や告知やPR、映像際に応募することに関する肖像権の権利に関する同意(権利処理)をお願いします。(経験、プロアマ不問)書面審査の上こちらから連絡差し上げます。
名古屋市内や愛知県内を中心に撮影しますので、それに参加できる方。

学生や多くの方との恊働作業になりますので、みんなと仲良くできる方。

可能ならば劇場公開の際に舞台挨拶にこられる方(名古屋市内または首都圏)
※ 近県からの交通費(公共機関など)は程度に応じて支給します。食事は出来るだけ支給させていただきます。

作品タイトル「インナーチャイルド」(仮題)

企画意図
 近年「心の病」あるいはそこまででなくても心に関することで悩んでいる方が多いと思われます。一見、仕事も生活もうまくいっていると思えるような人が実 際に抱えている「心の問題」について描くとともに、そこからどう救われて行くべきなのかを友情や家族関係などを含めたテーマで描いてみたいと思っていま す。見た人が「救われた」と思ってくれるような映画にしたいと思っています。

あらすじ
主人公の桂子は会社のなかでもトップの成績を誇る営業ウーマンだが、ある事件をきっかけに「子供の頃に受けた心の傷」を意識し始める。そのことを考えて行くと自分の「失われた過去」に直面せざるを得なくなって行く。
現在の自分のアイデンティティーが揺らぎ始め、自分が正しいと信じていたものが無価値になり、桂子は過去と現在の狭間で様々な幻影に苦しめられるようになって行くが…。

完成予定尺 90分 カラー作品 ステレオ
制作 名古屋市立大学 芸術工学部 映像研究室 (担当 栗原)
撮影予定 2012年8-9月頃
撮影期間 2-3週間(出演する方は役により拘束期間が異なります。場合によってはリテイクやアフレコなどあり得ます。)
完成予定 2012年 冬頃
公開予定 2013年 冬頃
公開予定劇場 名古屋 栄 センチュリーシネマ、ほか東京公開または映像祭出品などを予定。
スタッフ 名古屋市立大学 芸術工学部 映像研究室ほか適宜プロの技術者を起用
撮影予定場所 名古屋市立大学 市内の高校または中学 セントラルジャパン事務所 その他、県内のロケーションを予定。(以上、敬称略)

協力 セントラルジャパン 名古屋ロケーションナビ ほか(以上、敬称略)
監修 名古屋市内の大学医学研究科 精神/認知/行動医学分野など(予定)

過去の作品、実績などは研究室ウェブサイトMoviesページ  http://www.sda.nagoya-cu.ac.jp/ykurihar/movies/
連絡先 担当 栗原  Email:k18394@yahoo.co.jp

インナーチャイルド特設ページ設置しました。
http://www.sda.nagoya-cu.ac.jp/ykurihar/movies/inner-child

2011年作品実績 「Angel 車椅子の夏」 出演 中川朋香 田名部生来(AKB48)
栄 パルコ センチュリーシネマで公開。2回上映で超満員の動員頂きました。

This entry was posted in 映像研究室. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>