映画出演者 スタッフ募集です


2013年夏 名古屋市立大学芸術工学部映像研究室作品の撮影を準備しています。映画制作に興味のある方(大学内外問わず)や出演してみたい方を広く募集します。

出演者 中学〜高校生役の男女(主役級からエキストラまで。14-18歳くらいまで)

中学生くらいの子を持つ若い母親役(20-30代くらい)

学校の先生役(男女20-40代くらいまで)

水商売風の女性(18-20代くらい)

撮影時期 2013年8月中くらい

謝礼 薄謝程度(交通費含む。新幹線などを使用する遠方からの交通費負担は出来ません)

撮影場所 名古屋市内の学校ほか

映画の完成と公開方法 2014年冬に完成予定 同じ頃名古屋市内の映画館で公開予定。

応募の条件 個人の方もプロダクション所属の方も制限はありません。ただし、映画の公開、映像祭への応募、撮影風景等の映像や写真の公開、舞台挨拶への参加などのスケジュールや肖像権等の問題を各自で処理できることが条件です。(相談には応じます)

問い合わせ k18394@yahoo.co.jp  担当 栗原

スタッフ 映像制作の機器(撮影 録音 照明ほか)あるいは制作演出(監督や助監督または制作など)ご自分の興味を考えてお問い合わせください。条件などは上記出演者の項目に準じます。

応募頂ける方は簡単な履歴書(形式自由)全身と顔写真、志望の動機など書いていただきk18394@yahoo.co.jpまで送付ください。採用、または採用を判断するための面接などのお知らせをこちらから返信させて頂きます。(不採用の場合、あしからずその旨返信できない場合があります。あしからずご了承ください。)

前回の撮影の様子など http://www.sda.nagoya-cu.ac.jp/ykurihar/page/6

映画の概要(仮)

主人公の「のぞみ」は男勝りな性格で活発な少女。学校では一部の自分の嫌いな男子に付きまとわれている。一方、そのことで女子生徒には妬まれていた。本人はスポーツが大好きで、恋愛よりクラブ活動に熱中しているつもりである。学校での女子グループの付き合いや派閥にはうんざりしている。そんな折、高校への進学を期にある決意をする。思い切って学校での様子を母に話し、次の学校では男子として生活することを提案する。新しい学校では新しい生活がはじまった。しかし、自分の本当の性別を隠して学校生活を送ることはなかなか苦労が多い。そんなとき、気弱そうだが虚勢を張っている男子学生の「しのぶ」と出会い友情が芽生える。友人の出来なかったしのぶとのぞみはやがて様々な出来事を通して深い友情を感じ始める。そんなおり、しのぶは自分が性同一性障害ではないかと悩んでいることをのぞみに打ち明ける。二人は夏休みを迎えて一緒にアルバイトをしてしのぶの治療費を稼ごうと奮闘するが学生を高給で雇ってくれるところはない。そんなときにしのぶは年齢を偽り、女装して夜のクラブで働けば効率がいいと持ちかける。しのぶの提案に反対するのぞみだが、確かにしのぶのいう通り、短期間で学生が現金を稼ぐ手段はほかに思いつかないのだが…。(つづく)

 

This entry was posted in blog. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>