東京上映のお礼など


 Angel東京公開に協力、観覧いただいた皆様本当にありがとうございました。上映が無事に終了したとともにスタッフ全員が無事に名古屋に帰還しましたことを報告させていただきます。

 観覧いただきました皆様、連休のなか「大学の制作した映画」のようなアマチュアの作品にわざわざ足を運んでいただき本当にありがとうございます。まだま だ未熟な部分が多いとは思いますが、もし映画の内容や上映の際の対応などで皆様の満足いただけないものがありましたらそれはすべて私、栗原の責です。是非 私あてご意見、叱責など是非お知らせください。後学のために拝聴させていただければと存じます。

 また、万が一お気に召していただける部分があるとしたら、それはひとえに協力いただいたスタッフ、学生、出演者の方々の情熱に拠るものだと思います。

 そして、今回の上映会が成功裏に終わったとするなら、それは劇場に足を運んでいただいた観客の皆様のお陰です。本当にありがとうございました。取り急ぎお礼の連絡をさせていただきます。

 また、私事ですが、現在は今年の夏に向け次回作の脚本執筆、準備を始動しております。今回の映画に懲りずまた、「手伝ってやろう」あるいは「また見に 行ってやろう」「出演してやってもいいぞ」「撮影場所を貸してやろう」「主題歌を歌わせてくれ」「出資してやろう」(笑)などのお考えの方がいらっしゃい ましたら是非こちらまでお知らせください。

 今回は本当にありがとうございました。また次回作でみなさんとお会いできる日を楽しみにしております。

平成24年4月 30日

栗原康行

追伸
 残念ながら観覧できなかった観覧希望者、舞台挨拶に都合が合わずに参加できなかった方、スタッフの方などにも併せて本文章にてご報告差し上げております
 また、本作「Angel」のDVD、Blue ray、主題歌CDなどのご希望ありましたらお知らせ下さい。頒布させていただけるように努力させていただきます。

 ただし、数量やタイミングなど、場合によって時間がかかる場合や対応できない場合もあります。本作は商業映画ではなく、大学の研究室の活動であることをご理解頂きますとともに、諸々悪しからずご了承ください。


This entry was posted in 映像研究室. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>