東京上映会の詳細など(つづき)


名古屋市立大学芸術工学部 映像研究室 上映会のお知らせ

 青空に夏の気配を感じる頃ですがいかがお過ごしでしょうか。さて、この度六年ぶりの東京上映会を企画しております。今回は研究室の作品からのベストセレクションを6/3日の当日のみの三本立てで一回のみ上映いたします。お時間が許せば是非おいでいただきたいと存じます。
 
開催期日 2017年6月3日 13:00開場(13:15第一作品上映開始)
会場 渋谷 ユーロライブ 渋谷駅下車徒歩5分(http://eurolive.jp/access/)
上映作品 ①「Inner child 」  13:15-14:20 (上映時間60分)
②「Online Friend」 14:30-15:45(上映時間70分)
③「儚時計」 15:55-17:15 (上映時間70分)
作品解説/見所など
「Inner child 」はアダルトチルドレンと言われる心の病をテーマにした作品。当時中学生の木島杏奈さんが主人公を熱演、齋藤めぐみさんが成長した主人公を助ける役で脇を固める。全編名古屋市内及び愛知県内で撮影した作品。
「Online Friend」は一昨年急逝した今井雅之さんの遺作とも言える作品。当時高校二年生だった片桐あおいさん、尾中琴美さんが熱演しインターネット依存症という極めて現代的な問題を扱った作品。そのなかで今井さんは頑固な父親役を好演。脇を松井真人さんが固める。大学発の映画としては異色のミュージカル風な演出と作品のなかでの主人公が歌うオリジナルテーマソングにも注目。
「儚時計」は大学創立65周年を記念した作品。舞台は65年前の名古屋。こちらも大学映画としては異色のタイムスリップした物語の舞台をブルーバックやCGを使用せずに製作した。主演は加田穂之華さん、また共演に齋藤めぐみさん、松井真人さん、SKE48石田安奈さんが映画初登場。

※各回の前後またはどちらかのインターミッションで出演者舞台挨拶を予定しております。また、入れ替え制ではありませんが上映前後の途中入退場やトイレなどは自由です。全席指定ですが一部自由席を設けております。
舞台挨拶の出席予定は 齋藤めぐみ、加田穂乃華、松井真人、福島彰吾、鳥井孝彦(とりひこ)、かげる、麻夏彩加、石井文彦ほか。(以上、敬称略順不同)

予約方法/問い合わせ 電話052-721-3226(平日10:00−16:00)
(当日の連絡先は検討中です)
Email: tokyozyouei@gmail.com
御名前 連絡先/電話番号 希望席数(一つの予約で4名様まで)を連絡ください。先着順となります。
※入場無料ですが予約者入場優先です。また席数に限りがございますのでお早めに予約お願いいたします。
※予約いただいても開始5分前までに入場いただけない場合キャンセル待ち等に回させていただくことがあります。あしからずご了承ください。

This entry was posted in blog. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>