第二章のはじまり


連日ロケーションハンティングに出掛けています。昨日は郊外の山、Cafe 、素敵なブティックなどのお邪魔しました。みなさん映画が大好きのようでとても好意的でした。

さて、大人になった「桂子」は、このような舞台でどんな物語を繰り広げるのでしょうか。本当に、本当に、私自身でもよくわかっていないことが多いのです。なぜなら映画というのはみんなで作り上げる物ですから。役者さん、カメラマン、照明、録音、ロケ場所、天候、衣装、メイク、その他たくさんの要素が偶然に積み重なって紡ぎ上げるものなので、台本のイメージから大きくずれていく物なのです。よくも悪くも。

そして、それこそが映画の醍醐味でしょう。準備してきたみんなの思いがある日ひとつになる、それが映画です。そして一度でも映画に深く関わったら、それはもう中毒のように抜け出せないのです。もちろん映画を作ることは本当(死ぬほど!!)に大変ですが、これ以上の燃焼感、達成感、人を感動させる喜び(失敗作になって非難されることもよくありますが…。笑)は人生において、ほかのことで代用できますか?

もし、そんことがあったら是非教えてもらいたい。(もしあれば、一度それをやってみようかな…。映画作りより苦労しないかもしれない…。笑)

This entry was posted in blog. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>