若松孝二先生追悼


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121018-00000003-mai-soci

若松監督が亡くなったと報道があった。私が学生時代に若松監督は非常勤で大学に来ていて一緒に映画を制作させていただいたことがある。

本当に厳しい先生で、現場では終始怒鳴っていたように記憶している。学生の映画だからと言って遠慮したりはしなかった。もちろん授業から脱落する学生もいたが、いまのような少子化社会でなく、学生も一杯居たから辞めたい奴はやめろ、そんな雰囲気だった。映画撮影の終了後は新宿でみんなで飲んだ。あの険しい、鋭い眼光は迫力があった。ラストサムライ、最後の無頼派監督とでも言おうか。今のいわゆるディレクター、演出などという言葉ではしっくり来ない、まさに監督という雰囲気の人であった。私の大学の作品が後にシネマスコーレで上映させていただく事になったのも何かのご縁か。またひとり、恩師を亡くしてしまった。

This entry was posted in blog. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>