The School of Art Institute of Chicago



Baltimoreの後にはChicagoに行った。久しぶりの母校だ。
The School of Art Institute of Chicago
そこで青木先生の授業にお邪魔した。今でもBolexで撮影し、自分で16mmフィルムを現像する。

全米でもほとんど残っていない形式の授業だ。それを学ぼうとする学生も熱心。
こちらでも学部長と面会して交換留学の可能性について意見交換をした。

それにしても久しぶりのシカゴ。
久しぶりのアメリカでの授業。また学生にもどったような気がした。学生はいいなあ。授業を受けてさえ居ればいいんだから。

This entry was posted in blog. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>